HOME > 保険のことを知ろう

保険のことを知ろう

保険の種類や特徴についてご説明

生命保険の種類

保険のことについて、あなたはどのくらいご存知でしょうか?
一口に保険といっても、ご自身の健康に関わることから、お子様の将来、家の事など、その種類は様々です。
ここでは、そんな保険の種類や特徴についてご紹介いたします。

保険は大きく4種類に分けられます。

1.定期保険

一定の保険期間が定められている保険です。
保険期間中のどの時点で死亡しても死亡保険金が同額タイプの「平準型」が一般的ですが、年々保障が増えていく「逓増(ていぞう)型」、年々保障が減っていく「逓減(ていげん)型」、死亡後、所定の期間にわたって年金を受けとることのできる「収入保障保険」などもあります。
貯蓄性がないものが多く、保険期間終了後の満期保険金もないため一般的に「掛け捨て」と呼ばれています。
貯蓄性がない分保険料が割安になっています。

2.養老保険

定期保険金と同じく、一定の保険期間が定められていますが、死亡時に死亡保険金、満期まで生存した時に満期保険金(死亡保険金と同額)を受け取ることができる保険です。
保険期間の途中でも、解約返戻金を有効利用することができるなど貯蓄性が高いため、定期保険と比べると保険料は高くなります。

3.終身保険

定期保険や養老保険とは異なり、保険期間に定めのない一生涯継続する保険です。
(何歳で亡くなっても死亡保険金を受け取ることができます)
一生涯の保障のため満期保険金はありませんが、貯蓄性のあるものが多く、保障が必要なくなったときに解約し、解約返戻金を受け取り老後資金などに活用することも可能です。

4.就業不能保険

病気やケガで働けなった場合の「収入減少」に備えるための保険です。
入院中だけでなく所定の在宅療養で働けない場合にも保障され、長期間働けない場合の収入の減少をカバーします。

保険の基礎知識