HOME > 保険の選び方

保険の選び方

ライフステージ別に見る保険の選び方

子供ができた家族が増える

小さな家族が増え、とても幸福な出来事ですが、それと同時に親として子どもの将来に対する責任も生まれます。「自分を守る」だけでなく「家族の生活を守る・子供の未来を守る」保障を考えていきましょう。

死亡保障
まずは遺された家族が生活していくためにどれくらいの金額が必要か、大切な支えがいなくなっても子どもが夢を実現できるためにはどれくらいの金額が必要なのかなど、万が一が起こったあと、家族にとって必要になる金額を考えましょう。
そしてその金額を公的保障や貯蓄などでどこまでカバーできるのか、足りない金額をどのようにカバーするのかをシミュレーションして保障を準備しましょう。
医療・がん・傷害保障
家族が増えるということは、治療費の出費や働けないことによる収入の減少で経済的ダメージを受ける人が増えるということ。治療を受けている期間、パートナーは家事と育児に加え療養中の家族の世話が増えることになります。
専業主婦が病気やケガで入院した場合は収入への影響はないように思われがちですが、夫は仕事と家事、育児、そして療養中の妻のお世話も請け負うことになり、仕事への影響や、例えば今まで奥様の手料理だった食事がついつい外食に頼ってしまうなどの家計への影響を受ける家庭も少なくありません。
教育資金準備
子どもの教育や進学に関わるお金は、親が健康であっても万が一のことが起こっても必要になります。
親にもしものことがあっても教育資金を確保するためには、保険を活用した積み立ては計画的に準備できる有効な積み立て手段の一つです。
老後など将来に向けての資金準備
教育資金以外にもマイホーム資金や老後への備えなど資金準備の必要性は感じているけど、日々の生活費もかさんでしまうのがこの時期。
資金準備に必要性を感じているのであれば、収入・貯蓄・出費など家計をトータルで考え、できるだけ効率の良い備え方を考えていきましょう。

保険の基礎知識