HOME > 保険の選び方

保険の選び方

ライフステージ別に見る保険の選び方

結婚した生計を共にする

人生を大切なパートナーと歩むという事は、生計を共にする人ができたということ。
共働き・専業主婦などライフスタイルはご家庭によって様々なので、各ご家庭の将来設計に合わせて保障を考えましょう。

死亡保障
共働きの場合、パートナーにとって精神的なダメージは大きいでしょうが、経済的なダメージは専業主婦の方に比べればあまり大きくないケースがほとんど。
とはいえ葬儀費用・お墓代の確保や、地元への引っ越し代など、整理資金としてある程度まとまった金額は備えておいたほうがいいでしょう。
専業主婦の場合、再就職で生活基盤を整えようとしてもそれが軌道に乗るまでの生活資金(立て直し資金とも言います)
の確保が必要です。整理資金とともに備えておきましょう。
医療・がん・傷害保障
病気やケガで入院すると、治療に関する出費や働けないことによる収入の減少などの経済的ダメージはもちろん、大きな病気で治療が長引く場合、パートナーの生活サイクルにも大きな影響を及ぼしかねません。
また女性の場合、妊娠してから医療保障に加入しようとすると、保障開始後一定期間の子宮の部位不担保や、異常妊娠・異常分娩の不担保など保障が制限されるような条件が付いてしまう可能性があり、妊娠・出産にかかわるリスクがカバーされなくなるケースがほとんどですので、早めにご加入されることをおすすめします。
老後など将来に向けての資金準備
目標金額が同じであれば、積立期間を長くした方が短期間で貯めようとするより1回あたりの積立金額は少なくて済みます。
ライフプランを考えた上で将来に向けて資金準備が必要であるならば、普段の生活費の中に子どもの子育て費・教育費が発生する前に、早いうちから少しずつでも準備を始めてはいかがでしょうか。

保険の基礎知識