HOME > 保険の選び方

保険の選び方

ライフステージ別に見る保険の選び方

定年退職セカンドライフへ

「セカンドライフ」と呼ばれるように、これまで社会人として勤めあげてきた仕事から離れ、新たなライフスタイルへと変化する時期です。
安定したセカンドライフを過ごせるよう、新たなライフスタイルに合わせた保障を考えましょう。

死亡保障
これまで生命保険で死亡保障を準備していた場合、まずはその保障がいつまで続くかをチェックしておきましょう。
葬儀費用やお墓代といった死後整理資金と、パートナーの生活費を考慮した保障を引き続き備えていただきたいですが、あわせて遺された家族への相続についても考えておきましょう。
もめ事にならないような形で遺せるか、相続税への対策はできているか、など自身の資産に照らし合わせながら準備しておきましょう。
死亡保険金は相続税の課税対象とならない枠があるので、生命保険は相続対策手段の一つです。
医療、がん、傷害保障
これまで保険で準備していた場合であれば、死亡保障同様、保障がいつまで続くかをチェックしておきましょう。
また内容も合わせてチェックし、現在の医療事情に合った保障かどうかを確認しましょう。
病気やケガのリスクは年を重ねるほど高まりますし、治療期間も長くなる傾向にあります。
若い頃以上に医療費がかかることを想定した準備をおこなってください。
会社を定年退職した際には公的健康保険の切り替えが必要になりますので、ご注意ください。
介護保障
65歳を超えれば公的介護保険制度の適用となる範囲が広がるため、一部自己負担で済むケースが増えますが、一部自己負担で受けられるサービスの範囲は要介護度によって異なりますし、全額自己負担となるサービスもあります。
また、介護の為に家のリフォームや新たな設備を設置するための出費も想定されます。
介護をする家族の負担を軽減するためにも、介護の保障は準備しておいた方がよいでしょう。
老後の資金準備
定年退職後の生活費は、現在ある資産と退職金、そして年金から捻出することになります。
安心して暮らせる老後を実現するためにも、必要となる生活費と準備できる資金とのバランスを考え、もし不足しているようであれば、生活費の見直しや資産の運用方法などを再検討しましょう。

保険の基礎知識